HOME > 特集記事一覧 > 店舗ソリューション最前線 オーダリングシステムの老舗が提案するPOS&OESの新たなカタチ タブレット端末を活用した「oishino」セイコーソリューションズ

店舗ソリューション最前線 オーダリングシステムの老舗が提案するPOS&OESの新たなカタチ タブレット端末を活用した「oishino」セイコーソリューションズ株式会社

個人向けに普及してきたタブレット端末であるが、今や、業務用機器としての地位を確立しつつある。その代表格がレストラン向けPOS/OES(オーダリングシステム)での活用だ。中小のITベンダーを中心に確立してきたこの市場に、今回、OESの大手ベンダーであるセイコーソリューションズが、スマートデバイスPOS&オーダリングサービス「oishino(オイシーノ)」で参入した。

第5回スマートデバイスPOS/OES「oishino」導入の理由③ -みんなん家

みんなん家スマートデバイスPOS&OESシステム「oishino(オイシーノ)」導入店舗紹介の第3回目は、東京・下北沢で、鉄板ダイニング 「 みんなん家 」 を運営する株式会社グロウファースト・代表取締役の町田伸一氏に話を伺った。

下北沢駅から徒歩5分ほどのところに立地する「みんなん家」は、寛ぎの空間で、鉄板を囲みながらワイワイガヤガヤと楽しめる鉄板ダイニングだ。各テーブル席は、葦簀(よしず)で仕切られ、個室風の造りになっているので、周りに気兼ねすることなく、家族や友人、恋人同士で団欒できる。もちろん、葦簀を上げれば団体での利用も可能だ。

みんなん家料理は、バリエーション豊かなお好み焼きともんじゃ焼きをメインに、茨城県が誇る高級牛肉「常陸牛」など厳選した素材を使った、肉・海鮮・野菜の鉄板焼きや、お酒のアテにぴったりな「塩ゆで茶豆」などの一品料理を幅広く取り揃える。特に人気なのが、「120分食べ飲み放題」メニュー。お好み焼きともんじゃ焼きに、チヂミや焼飯も加えた各種計50品目以上の料理と、ビール、各種カクテル、サワーや焼酎など品数豊富なドリンクが、食べ飲み放題で2,980円とリーズナブルに楽しめる。さらに+500円で1時間延長できるのも嬉しい。

みんなん家

簡単操作、低コストそして理論原価が把握できるので
オーダリングを導入

オープン時からPOSは使っていましたが、以前勤めていた肉業態のチェーンレストランを含めて、これまでオーダリング(OES)は利用したことがなく、ずっと手書き伝票で対応していました。オープンしてから5年ほどたった時に、40代の人を社員として採用したのですが、彼がなかなかメニューを覚えられなかったのです。学生アルバイトなど若い子はすぐに覚えてくれるのですが(笑)。きっと、ハンディターミナル(HT)ならメニューを覚えていなくても簡単に注文が取れるだろうと思い、OESの導入を検討し始めた時に、ちょうどセイコーさんからセミナーの案内をいただいたのです。

町田伸一氏セミナーに参加して、実際にHTを触ってみると、操作は想像以上に簡単でした。また、コストが低く抑えられるのも魅力でした。POS単体に比べ、POS+OESの「oishino」のランニングコストの方が安くなるほどでした。さらに、理論原価が容易に取れることもわかりました。当店の売れ筋メニューの一つが「食べ飲み放題」なのですが、0円メニューとして設定することで、追加メニューの出数を完璧に取ることができるようになります。元々、チェーン展開をしていきたいと考えていたので、この理論原価をきちんと把握できることは非常に大きな導入要因となりました。

タイミングと価格が「oishino」選択の決め手

色々なメーカーさんを比較検討した上で、「oishino」を導入したと言えれば、格好がいいのかもしれませんが、正直、タイミングとコストが選択の決め手でした。まさに、導入を検討しようと思っていた矢先に、案内をいただき、参加したセミナーでは知りたいことや享受できるメリットが伝わりましたので、ほとんどその場でこれにしようと決めたほどでした(笑)。

みんなん家導入後は、メニューを覚えなくても良い、理論原価を把握できるといった当初の課題解決はもちろんのこと、会計時にはPOSに伝票番号を打ち込むだけで済みますので、メニューの打ち忘れや打ち間違いもなくなりました。また、動線が短くなったのは当店にとって大きなメリットでした。手書き伝票の場合、テーブルで注文を取った後、デシャップに伝票を持っていく必要がありましたが、HTならその場で完結します。たいした距離ではありませんが、この往復がない分、スタッフはホールにいる時間を増やせます。そうすると、スタッフのペースでお客様に接客できるようになります。特に「食べ飲み放題」の場合、追加注文が多くなりますので、「すみません」と呼ばれることが増えるのですが、こちらのペースでタイミングよくテーブルに伺えれば「すみません」と呼ばれる回数を減らすことができるのです。これにより、スタッフは自分のペースで仕事をすることができるようになるのです。また、葦簀で仕切られている個室風のデメリットとして、席からスタッフが見えづらいので、お客様も注文のタイミングなどで不安感を持たれることが多々あります。これに対しても、タイミングよくお席に伺うことができれば、顧客満足度の向上にも繋がるのです。そういった意味でも「oishino」を入れたことに、本当に満足しています。

みんなん家

みんなん家

所在地 :
東京都世田谷区北沢2-2-14 モアイ茶沢2F

電話番号 : 03-3424-5774

営業時間 : 16:00~27:00

定休日 : 年末年始、不定休あり

席数 : 50席

想定客単価 : 2,900円

※ iPhone、iPod Touch、iPadは、Apple Inc.の商標です。
※ 金額は、「税抜き」価格です(2017年1月現在)

前の記事へ この項完・・・
ページの先頭へ

セイコーソリューションズ株式会社

セイコーソリューションズ株式会社
http://www.seiko-sol.co.jp/

本社 千葉市美浜区中瀬1-8

代表者 山本隆章

設立 2012年12月(セイコーホールディングス株式会社100%出資会社)


文:齋藤栄紀

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

リテイルビジネス mini seminar シズルフォトが世界を変える ビジュアル・コミュニケーション 株式会社ヒュー

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

特集

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ