HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

イタリアの人気店「SPONTINI」が今年の秋に日本初上陸
60年の歴史を持つ老舗ピッツェリアが海外初出店

 J-World Dinerは、イタリア・ミラノで61年の歴史を持つ老舗ピッツェリア「SPONTINI(スポンティーニ)」との日本国内における独占ライセンス契約を結び、2015年秋を目処に、海外初出店となる日本1号店を原宿・渋谷エリアにオープンすると発表した。
 「SPONTINI」は、1953年のオープン以来、“ピッツァ・アル・トランチョ”(ひと切れのピッツァの意)の火付け役として、ミラノで7店舗を展開。ピザは、食材はもちろん、生地の塩分ひとつにもこだわり、時代に添ったブラッシュアップを続け、常に高いクオリティを保っている。大豆油をふりかけ、鉄鍋で揚げるようにしながらじっくり焼き上げることで、底はカリカリに仕上がり、厚さが約2センチというボリュームたっぷりのインパクトのある見た目と、ふっくらとした食感が特徴。
 イートインをメインとした「SPONTINI」とコンパクトなクイックサービススタイルの「S-SPONTINI」の2業態を有するが、日本でも出店場所に合わせてこの2業態を出店していく予定。ターゲットは、20?30代で、休日は家族連れの利用や、テイクアウト利用も見込んでいる。2015年秋の東京を皮切りに、首都圏を中心に2016年度中に3店舗、それ以降は毎年2?3店舗の出店を目指す。

(外食.Biz)
2015年04月30日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ