HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

ヱビスが主役の「YEBISU BAR」が中四国エリアに初出店
「エキシティ広島店」限定のビヤカクテルや広島産食材使用の料理を用意

 サッポロライオンは、広島駅南口Cブロックに誕生する「EKICITY HIROSHIMA」の商業棟「EKICITY WEST」内に、中四国エリア初出店となる「YEBISU BAR エキシティ広島店」を2月10日にオープンする。
 「YEBISU BAR」は、北海道1店舗、首都圏エリア11店舗、中部・関西エリア5店舗と計17店舗を展開している。中四国エリアで初めてとなる今回の出店では、国内のみならず 海外からも注目を集める「広島」において、広島産食材を使用した「エキシティ広島店」限定メニューも用意し、ヱビスの魅力だけでなく、広島の魅力もあわせて伝える「発信基地」としての役割を持つお店を目指す。
 「エキシティ広島店」限定メニューとして、レモンの風味でさっぱりと仕上げた「軽くグリルした広島レモンのグリーンサラダ」(900円)、ふっくらジューシーな広島名物のカキ「広島産カキの殻焼き(2個)」(780円)、ムール貝とガーリックの相性が抜群の「広島ムール貝のガーリックパン粉焼き」(880円)、高菜・広島菜・野沢菜の盛合せ「日本三大漬菜盛合せ」(630円)、日本の伝統的な調味料で旨味を凝縮した「塩麹でマリネした骨付きポークのグリル」(1,280円)などを用意。
 また、ドリンクも、「ヱビスビール」「ヱビス プレミアムブラック」「ヱビス&ヱビス」(各505円)、「ヱビス マイスター」(650円)、「琥珀ヱビス」(525円)、「ヱビススタウト クリー ミートップ」(620円)など樽生ヱビスの全ラインアップを取り揃える他、女性をはじめ、「ちょっとビールは苦手」という人にも、ヱビスビールの美味しさを味わってもらえるように、各ヱビスビールを使用したカラフルなビヤカクテルを7種類用意する。さらに、瀬戸内レモンを使用した同店限定のプレミアムビヤカクテル「瀬戸の雫」(680円)も販売する。
 店内は、ヱビスのブランドカラーであるエンジ色を基調とし、白木風のカウンターや日本の伝統工芸「アジロ網」を表現したモザイクタイルなど「和」を感じるものを取り入れた「和モダン」を表現。伝統と革新で愛されるヱビスビールの魅力と、ちょっと贅沢な世界観を楽しめる「和モダンビヤバー」となっている。

【YEBISU BAR エキシティ広島店】
所在地:広島県広島市南区松原町3-1 EKICITY HIROSHIMA1F
電話:082-568-0304(2/1開設予定)
営業時間:平日・土11:30~23:00、日・祝11:30~22:00
店舗規模:33.6坪、76席(内テラス18席)
想定客単価:昼950円、夜2,500円

(外食.Biz)
2017年01月30日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

リテイルビジネス mini seminar シズルフォトが世界を変える ビジュアル・コミュニケーション 株式会社ヒュー

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ