HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

一風堂、3月から新たなポイント制度「一風堂メンバーカード」を導入
「スマホサイフ」アプリとの連携で、より便利に、よりお得に!

 力の源カンパニーは、日本全国の「一風堂」店舗(フードコートのEXPRESSを除く)にて、3月7日から新たなポイント制度「一風堂メンバーカード」をスマートフォン用無料アプリ「スマホサイフ」上に導入する。
 「スマホサイフ」は、CCCマーケティングがAndroid、iOS対応のスマートフォン上で提供する様々なカードをひとつのアプリで使えるようにした無料サービス。
 「一風堂メンバーカード」は、スマートフォンに「スマホサイフ」アプリをダウンロードし、簡単な会員登録をすることで利用可能となり、「一風堂」での利用金額500円ごとにスタッフがレジにて、スマホサイフ内画面にスタンプを1つ押す仕組み。主な特典は、会員登録だけで100円以下のトッピング1品、3スタンプで麺の替玉1皿または100円以下のトッピング1品、5スタンプで200円トッピングから1皿または100円以下のトッピング2品、9スタンプでハーフ餃子(5個入り)または替玉1皿、10スタンプで200円トッピングから1皿または100円以下のトッピング2品、30スタンプで好きなラーメン無料となっている。
 なお、現在店頭にて配布している「一風堂バリカード」など3種類の紙製ポイントカードは、2018年3月末日まで利用できるが、スマホサイフ上の特典との併用はできない。

(外食.Biz)
2017年02月15日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

リテイルビジネス mini seminar シズルフォトが世界を変える ビジュアル・コミュニケーション 株式会社ヒュー

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ