HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

糖質0のお茶割り「サッポロ 茶房いっぷく香るお茶割り」パッケージデザインを一新
「香り」と「アルコール7%」のストロングな飲みごたえをダイレクトに訴求するデザインへ

 サッポロビールは、国産茶葉100%使用した糖質ゼロの「サッポロ茶房いっぷく香るお茶割り」(340ml缶)のパッケージを3月製造分からリニューアルする。
 「サッポロ茶房いっぷく香るお茶割り」は、国産茶葉を低温でじっくり抽出することで、渋みを抑えて旨みを引き出したお茶に、雑味のないクリアなお酒と、茶葉をスピリッツに浸漬して緑茶の香りと旨みを溶け込ませた「緑茶浸漬酒」を加えることで、香り高く、旨みのある味わいに仕上げたお酒。
 今回のデザイン変更では、ともに高評価を得ている商品特長の「お茶の香り高い味わい」と「アルコール7%のストロングな飲みごたえ」をさらに訴求するため、緑茶の旨みがゆっくりと抽出されている様子をイメージした濃い緑色へ変更し、「アルコール7%」のアイコンと商品名を筆文字にして、この商品の魅力を力強く表現した。
 同社は、国産茶葉を100%使用した香り高い本商品を通じて、お茶割りのお酒の魅力と食事と共に手軽に飲める楽しさをさらに多くの人に伝え、市場の活性化を図っていきたいとしている。

(外食.Biz)
2017年02月17日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

リテイルビジネス mini seminar シズルフォトが世界を変える ビジュアル・コミュニケーション 株式会社ヒュー

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ