HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

「ラングート エルベン・シュペートレーゼ」が日本最大級のワイン審査会でW受賞
さくらアワードにおいてダイヤモンドトロフィーとベスト・コスト・パフォーマンスワインに

 サッポロビールは、同社が販売しているドイツワイン「ラングート エルベン・シュペートレーゼ」が日本最大級のワイン審査会「“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2017」において「ダイヤモンドトロフィー」を受賞したと発表した。
 「“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards」は、2014年から開催されている日本最大級のワイン審査会。審査員は全員女性で、ソムリエ、ワイン醸造家等ワインのスペシャリストで構成されている。日本女性の目線という新しいワイン選びの基準を生み出し、年々受賞結果の注目度が高まっている。
 「ダイヤモンドトロフィー」は、厳選な評価の結果最高品質のワインと認められた「ダブルゴールド」を受賞した商品の中でも、特に優れたワインに贈られるもの。今年は、総エントリー数の約1%、44アイテムのワインのみが選ばれた非常に価値のある賞といえる。また、1,001円~1,500円の価格帯での「ベスト・コスト・パフォーマンスワイン」も受賞し、1,200円の参考小売価格ながらその品質の高さが認められる結果となった。
 なお、「ラングート エルベン・シュペートレーゼ」は、ヨーロッパ最大のワイン生産者の一つであるラングート社の長年積み上げた知識と経験、品質に妥協を許さない理念のもと、丁寧に醸造されたワイン。

(外食.Biz)
2017年03月15日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ