HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

ゲロルシュタイナー、トレーニングと水分補給についての意識調査
毎日続けるなら宅トレ派!?運動をしている人の8割がジムより自宅!

 ポッカサッポロフード&ビバレッジは、20代~60代のジムに通っている(ジムトレ)または、自宅周辺などでのジョギングなども含む自宅トレーニング(宅トレ)をしている男女1,000名を対象とした、インターネットによる「トレーニングと水分補給についての意識調査」を実施した。
 ゲロルシュタイナーは120年以上の歴史を持つドイツで最も飲まれている(2015年ニールセン調べ)カロリーゼロの天然炭酸水。高硬度(1310mg/L)でも飲みやすくバランスの良い味わい。また、カルシウムやマグネシウムなど天然ミネラルも含んでいるので、ミネラル不足が気になる忙しい人やダイエット中の人にもオススメのドリンク。
■今や時代は宅トレ派!?トレーニングをしている人の8割がジムよりも宅トレを選択
 事前調査で、「自宅またはジムで体を動かすトレーニングをしているか」と聞いたところ、「している」と回答した人のうち80%が自宅で行うトレーニング“宅トレ”を行っていることが判明。
 また、頻度に関して、「ほぼ毎日」と回答したジムトレ派11.4%に対し、宅トレ派は27.6%と頻度に関しても宅トレ派が高いことが判明した。
■満足度はジムトレ派のほうが高い!トレーニングをする約6割の人はプロのサポートを希望!
 「普段しているトレーニングの満足度を点数で答えて」に対して、ジムトレ派は平均72点、宅トレ派は平均60点と、満足度はジムトレ派のほうがわずかに高い結果となった。
 「普段トレーニングをする際に、パーソナルトレーナーに指導して欲しいか」に対しては、58.5%の人が「してほしいと思う」と回答。宅トレ派とジムトレ派のそれぞれの結果をみても半数以上がパーソナルトレーナーの指導を求めており、パーソナルトレーナーへの期待が高いことが判明。また、プロからのアドバイスがもらいにくい環境にある宅トレ派においては、20~30代が特に指導を希望していることが分かった。
■宅トレ派・ジムトレ派共に、トレーニングをより効果的にするための「食事方法」「水分補給方法」を知りたいと回答!
 「トレーニングをより効果的にするための食事方法や水分補給方法を知りたいと思うか」に対して、ジムトレ派は90.2%、宅トレ派は83.2%が「知りたい」と回答。
■宅トレ派は水分補給を怠りがち!約2人に1人がトレーニング時に水分補給が出来ていない事が判明!
 「トレーニング中に効果的な水分補給ができていると思うか」に対して、「できていない」と回答したのは全体の39.2%。そのうち、ジムトレ派29.8%に対し、宅トレ派は48.6%と約2人に1人が水分補給が出来ていないことが判明。ジムへ行かずに自宅でトレーニングを行うことで、水分補給への意識が薄れていることが分かった。
■最も水分を補給しているのは“トレーニング後”という意見が約9割!それって本当に正しいの?
 「トレーニング開始前」「トレーニング中」「トレーニング後」にそれぞれ何回程度、水分を摂取するかの質問に対して、最も水分補給への意識が高いタイミングは、ジムトレ派(約97%)、宅トレ派(約87%)とも「トレーニング後」と回答。一方「トレーニング中」の水分補給への意識に関しては、ジムトレ派は89%とほとんどの人が「補給している」と回答。それに対して、宅トレ派は半数以上の人(56.4%)が水分補給を怠っている事が判明した。
 栄養士の川端先生は、「運動時の水分補給は、運動後だけでなく、運動前・運動中にも行うことが重要。運動で失われる水分の損失量を約2%以内にとどめるように、水分を補給することが理想。例えば、体重50㎏の人なら1㎏。つまり、運動後に体重が1㎏以上減らないような水分摂取をすることが大事になる。体内の水分は、身体に栄養素を運び、老廃物を排泄します。水分が身体から不足すると、これらの機能がうまく働かなくなる。」と述べた。
■トレーニング後に飲みたい飲料のポイントは“スッキリ”と“ミネラル摂取”
 「トレーニング後」に、もっとも飲んでいる飲料に対して、「水」がジムトレ派(約45%)、宅トレ派(約46%)ともに最も多い結果となった。以下、ジムトレ派は「スポーツドリンク」(24%)、「プロテイン(牛乳を含む)」(16%)、「お茶(トクホを含む)」(13%)、宅トレ派は「お茶(トクホを含む)」(26%)、「スポーツドリンク」(16%)、「プロテイン(牛乳を含む)」(8%)と続いた。
 また、選んだ飲料を飲む理由について尋ねたところ、1位に挙がったのは「スッキリするから」、次いで2位に「ミネラルが摂取できるから」、3位「好きな飲み物だから」という結果だった。
 栄養士の川端先生は、「運動中や後はのどごしが良いものが欲しくなる。そんな時無糖の炭酸水ならばのどごしがよく、水分補給ができる。また、天然炭酸水は、カルシウムとマグネシウムが硬水と比べ豊富なため、運動することで身体の必要量が多くなるカルシウムとマグネシウムを、食事だけではなく、このタイミングで素早く無理なくとることは大きなプラス。」と述べた。

【調査概要】
調査タイトル:トレーニングと水分補給についての意識調査
対象者:20代~60代のジムに通っているまたは自宅トレーニング(自宅周辺でのウォーキング、ジョギング、ランニングなども含む)をしている男女1,000名
調査期間:2月11日~14日
方法:インターネット調査
対象エリア:全国

(外食.Biz)
2017年03月16日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ