HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

際コーポレーション、イタリア料理店「パリアッチョ 池尻大橋」をオープン
季節の果物や野菜から採取した自家製酵母を使用したパンと自然派ワインの店

 際コーポレーションは、目黒区大橋に自家製パンと個性豊かなチーズ、イタリア料理を提供する「パリアッチョ 池尻大橋」を4月1日にオープンした。
 「パリアッチョ 池尻大橋」では、全てのパンを毎日店内および系列店舗「R BUERGER AND LIQUER BAR」(世田谷区三宿)の工房で焼き上げる。パンに使用する酵母も自家製にこだわり、季節の果物や野菜から採取。今の時期の酵母は苺を使用し、今後はブドウやアボカドなどで作る予定。天然酵母は発酵に時間がかかり、有機酸などの副産物が増えることで、パンの味に複雑な深みと風味が加わる。生地の味わいを大切にするため、扱うパンの種類はフォカッチャ、ワインとチーズに合うように作られた、黒胡椒やナッツやトマト入りなどシンプルなもの6種類となっている。
 ランチには、自家製パンを使用したパニーニ2種類を用意。「焼きサバのパニーニ」には、ルッコラ、キャロットラペが入り、彩りも鮮やか。脂がしっかり乗ったサバとキャロットラペの酸味が好相性。「モルタデッラのパニーニ」は、ボローニャソーセージのスライスとモッツァレラチーズ入り。どちらのパニーニにもフライドポテトと具沢山スープがついて各1,000円で販売。このほかパスタもあり、全てプラス300円で自家製オリジナルブレンドのコーヒーが付く。
 ディナーは、パンに合うバラエティー豊かなチーズやアンティパストを揃えた。チーズはその日おすすめの銘柄が常時5種ほどあり、店内の黒板にてお知らせ。カウンターには様々な野菜のピクルスやイワシのオイルサーディンが瓶詰めで並び、こちらも全てシェフの手作り。小玉葱やキュウリなどの野菜は、契約農家の農場までシェフ自ら足を運んで厳選した三浦野菜を使用している。イタリアの古典的なレシピをアレンジした「牛肉の赤ワイン黒コショウ煮インプルネータの郷土料理」などの煮込み料理や、定番のパスタも用意した。
※金額は、「税抜き」価格

【パリアッチョ 池尻大橋】
所在地:東京都目黒区大橋1-5-1 クロスタワー1F
電話:03-6416-0190
席数:22席
営業時間:11:30~15:00、18:00~23:00

(外食.Biz)
2017年04月11日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ