HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

サイゼリヤ、上半期(H28年9月~H29年2月)の連結業績を発表
「日本」は売上高3.2%増、営業利益60.0%増と増収増益を確保

 サイゼリヤは、平成29年8月期 第2四半期(平成28年9月~平成29年2月)の連結業績を発表。売上高705億4800万円(対前年同期比0.3%減)、営業利益46億3800万円(同44.2%増)、経常利益50億400万円(同48.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益31億5200万円(同59.9%増)と減収も増益を確保した。
 同社グループは、当たり前品質を基に店舗サービスの向上に努めてきた。また、一貫したローコストオペレーション戦略を続け、顧客の支持を得たことで客数が増加している。昨年10月には、新業態のスープパスタ専門店「ZUPPA di PASTA」を開店して更なる業態開発を推進。また、昨年8月24日に発生したイタリア中部地震の復興支援として、約100万人の顧客からの支援もあり、1億円をアマトリーチェ市に寄付した。
 セグメント別の業績は、「日本」が売上高559億200万円(前年同期比3.2%増)、営業利益32億3600万円(同60.0%増)。「豪州」は売上高21億2100万円(同2.6%減)、営業利益300万円(同97.8%減)、「アジア」は売上高146億3300万円(同11.8%減)、営業利益14億3400万円(同40.2%増)であった。
 なお、平成29年8月期 通期(平成28年9月~平成29年8月)の連結業績予想は、売上高1472億円(前年対比1.5%増)、営業利益110億円(同22.1%増)、経常利益115億円(同253.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益75億円(同36.2%増)を見込む。

(外食.Biz)
2017年04月14日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

リテイルビジネス mini seminar シズルフォトが世界を変える ビジュアル・コミュニケーション 株式会社ヒュー

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ