HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

RED U-35実行委員会、「RED U-35 2017」の募集を5月8日より開始
新時代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティション

 RED U-35(RYORININ’s EMERGING DREAM)実行委員会は、今年で5回目となる、35歳未満の若手料理人の発掘・応援を目的とした日本最大級の料理人コンペティション「RED U-35 2017」の募集を5月8日より開始する。
 RED U-35は、夢と野望を抱く新しい世代の、新しい価値観の料理人を見いだし、世の中に後押ししていくため、これまでの料理人コンテストとは全く異なる視点で日本の食業界の総力を挙げて開催する料理人コンペティション。昨年度は、世界各地から436名の応募があった。
 「RED U-35 2017」では、審査員団を一新。料理人以外にもパティシエ、作曲家など10名が参加し、料理の技術だけでなく若き料理人の想いやパーソナリティをも審査ポイントとして見極める。審査は書類審査から始まり、映像審査、大会初となる一般公開で実施される学園祭審査を経て、5名程度のファイナリストが選出される。ファイナリストは、11月6日に開催される最終審査に参加し、同日に発表されるグランプリ“RED EGG”を目指す。グランプリには賞金500万円、準グランプリには賞金50万円が贈呈される。
 本イベントの応募は、5月8日~5月31日の期間、自己PRとともに応募テーマである「糖」に関する考えをレシピで提案し、WEBもしくは郵送での応募となる。
 2017年大会のコンセプトは「日本をつなぐ」。RED U-35は料理人を中心に、さまざまなヒト・モノ・コトを「つなぐ」ことで世界に誇れる日本の食カルチャーの新たな価値、可能性を追求していく。
公式Webサイト:www.redu35.jp

(外食.Biz)
2017年04月19日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

リテイルビジネス mini seminar シズルフォトが世界を変える ビジュアル・コミュニケーション 株式会社ヒュー

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ