HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

サッポロライオン、名古屋の夏の風物詩「浩養園 ビヤガーデン」をオープン
4月23日は「ビヤガーデン開放デー」!生ビールが感謝価格200円!

 サッポロライオンは、名古屋の夏の風物詩で、滝の涼みを感じる庭園ビヤガーデンとして親しまれている「浩養園(こうようえん)ビヤガーデン」の営業を4月21日より開始する。
 「浩養園」の敷地内で開催するビヤガーデンは、爽快な風を生み出す滝が流れ、木立が並び、涼しげな雰囲気を味わえる名古屋の夏の風物詩として、例年、近隣のオフィスワーカーから家族連れまで幅広い人々に利用され、好評を得ている。
 人気メニューは、「特製味付けラムのジンギスカン」、牛肉、豚肉、野菜の食べ放題に、「サッポロ生ビール黒ラベル」をはじめ各種ドリンクの飲み放題がついた「ミックスBBQコース(120分飲み放題付)」(1人前/4,500円)。
 なお、「浩養園」は、1998年4月23日にリニューアルオープンし、今年で19周年目を迎える。長年の愛顧に感謝し、4月23日には、終日「ビヤガーデン開放デー」を実施。「サッポロ生ビール黒ラベル」を200円で提供する他、「お子様縁日」など様々なイベントを企画する。当日は、気軽に来園してもらえるよう、ビヤガーデンをはじめ、1Fバーベキューレストラン・地ビールレストランを開放する。
※金額は、「税込み」価格

【浩養園ビヤガーデン】
営業期間:4月21日~9月末(予定)
営業時間:17:00~22:00(気象状況などにより営業時間の変更または休業する場合があり)
所在地:愛知県名古屋市千種区千種2-24-10 浩養園内
電話:052-741-0211(浩養園全館共通)
席数:約500席

(外食.Biz)
2017年04月19日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

リテイルビジネス mini seminar シズルフォトが世界を変える ビジュアル・コミュニケーション 株式会社ヒュー

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ