HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

ホットペッパーグルメ外食総研、夏に食べたい冷たいグルメについて調査
夏グルメで好きなもの、トップ3は「冷たい麺」「冷やし中華」「アイスコーヒー」

 リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、夏に飲食したくなる冷たいグルメに関してアンケートを実施した。
■夏グルメで好きなもの、1位は「冷たい麺」、2位「冷やし中華」、3位「アイスコーヒー」
 まず、夏のグルメで好きなものを聞いたところ、トップ5は、「冷たい麺(冷やし中華、韓国冷麺を除く)」(60.2%)、「冷やし中華」(52.2%)、「アイスコーヒー」(49.6%)、「冷奴」(41.9%)、「冷しゃぶ」(36.3%)。女性20~40代で「冷しゃぶ」(43.1%/44.9%/45.3%)、「韓国冷麺」(27.5%/26.6%/23.9%)の人気が高く、男性40~50代では「アイスコーヒー」(59.0%/55.3%)、「エクストラコールド生ビール」(19.5%/20.1%)の人気が高いなど、性年代により、好きな夏のグルメが分かれた。
■過去1年の夏グルメの飲食経験、トップ3は「冷たい麺」「アイスコーヒー」「冷奴」
 次に夏グルメについて、過去1年での飲食経験も聞いたところ、1位「冷たい麺」(76.9%)は好きなもの1位と同じだが、2位「アイスコーヒー」(75.0%)、3位「冷奴」(74.9%)と好き嫌いにかかわらず身近感のあるメニューが上位に。以下4位「冷やし中華」(69.5%)、5位「冷しゃぶ」(50.5%)と続いた。「アイスコーヒー」は特に男性40~50代(82.6%/83.4%)、「冷奴」は女性40~60代(81.1%/82.3%/87.8%)と男性の60代(85.4%)でスコアが高く、上位となっている。また、東海圏では「冷やし中華」(74.8%)の飲食経験率が他の圏域より高かった。
■「冷奴」は季節を問わず食べたい、「冷やし中華」は季節限定で食べたい
 夏グルメに対する、一年を通しての飲食状況と、季節を問わず食べたいという潜在ニーズがどの程度あるかを聞いたところ、「すでに、季節を問わず食べている・飲んでいる」メニューとしては、「冷奴」(33.8%)が最多。「できれば、季節を問わず食べたい・飲みたい」(24.3%)を合わせると、58.0%となり「冷奴」は季節を問わないメニューになっている様子がわかる。次いで、「アイスコーヒー」も「季節を問わず食べている・飲んでいる」(31.0%)、「季節を問わず食べたい・飲みたい」(18.2%)を足すと49.3%と、こちらも通年化している。逆に、「季節限定で食べたい・飲みたい」では、「冷やし中華」(63.2%)が最多。「すでに食べている人」と「できれば食べたい」に注目すると、「できれば食べたい」の面積の大きい「冷しゃぶ」の潜在ニーズは大きそう。また、「季節限定で食べたい・飲みたい」で最多の「冷やし中華」は、「通年食べている人」(4.6%)に対し、「季節を問わず食べたい」(14.8%)と、約3倍の差がある。こちらも外食などでの通年提供の潜在ニーズがあるといえそうだ。
■「季節を問わず食べている・食べたい」の合計は、多くのメニューで男性が高く、女性が低い傾向
 「季節を問わず食べている・食べたい」の合計を性年代で見ると、明らかに男性で平均より5ポイント以上高いセル、女性で平均より5ポイント以上低いセルが多いことが見てとれる。筋肉量や体感温度の差で男性は暑がり、女性は冷え性、とよく言われるが、食べ物の好みにもそれが表れているといえそうだ。
■季節が限定されている場合の解禁希望月、フード系は6月、飲料系は7月が多い
 夏グルメの解禁の希望月を聞いたところ、フード系は6月解禁希望が最も多く、5月から7月中心に希望があった。一方、飲料系は本格的に夏が来る7月の解禁希望が多い中、「アイスコーヒー」のみが、まだ春気分の強い5月解禁の希望者が最多の21.7%を集めた。「かき氷」については7月の遅めの解禁でよいという選択が最多(39.2%)であった。
■他にも通年提供を希望するメニューが多数
 選択肢にあるメニュー以外で通年提供を希望する品目を自由回答してもらったところ、「夏グルメと思われるものの中で、季節を問わず一年中食べたいと思うもの」に対して、「アイスクリーム」、「鮎の塩焼き」、「水ようかん」、「ところてん」、「パッピンス(韓国の氷菓子)」などが上がった。「ところてん」は“ビールのお供に最適”との声も。一方、「夏こそ食べたいもの」として、「キムチ鍋」、「すき焼き」等が上がった。
栽培加工技術、輸送技術、冷凍解凍技術の進歩や流通網の発達などで、メニューの通年提供は今後も増える可能性があると考えられる。季節感を楽しみたい気持ちと、好きなものを通年食べたい・飲みたいという気持ちのせめぎ合いは、すでに多くの人の内面で起こっている現象と思われる。利便性をとるのか、「季節感」を大事にするのかは、飲食行動だけにとどまらない、個人の消費価値観の差かもしれない。

(外食.Biz)
2017年04月21日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ