HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

サンマルクホールディングス、平成29年3月期の連結業績を発表
レストラン事業は増収も減益に、喫茶事業は増収増益を確保

 サンマルクホールディングスは、平成29年3月期 通期(平成28年4月~平成29年3月)の連結業績を発表。売上高675億1200万円(対前年同期比2.2%増)、営業利益77億2700万円(同0.2%減)、経常利益80億1200万円(同0.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益44億2400万円(同0.5%増)であった。
 同社グループは、業態の魅力を上げるためのメニュー開発に注力するとともに、教育研修制度の充実など人員体制の整備とサービス面の維持強化を図ってきた。また、安定的な新規出店や弾力的なグループ内の業態変更など、今後の安定的な成長基盤の確保に努めてきた。
 新規出店の状況については、「ベーカリーレストラン・サンマルク」直営5店舗、「ベーカリーレストラン・バケット」直営6店舗、「生麺工房鎌倉パスタ」直営18店舗、「神戸元町ドリア」直営6店舗、「サンマルクカフェ」直営22店舗、「倉式珈琲店」直営10店舗、FC店1店舗を出店。同社グループの店舗数は、直営店833店舗、フランチャイズ店55店舗、合計888店舗体制となった。
 セグメント別業績は、レストラン事業が売上高371億9800万円(前年同期比0.2%増)、営業利益42億7200万円(同5.5%減)、喫茶事業が売上高303億1400万円(同4.8%増)、営業利益47億1300万円(同7.3%増)となった。
 次期に関しては、主力の出店業態を組み合わせ、最適な出店ペースを軌道に乗せていく一方、メニュー面の商品力強化、さらに、人材の確保や教育研修の充実により既存店舗の営業力を高める施策を推進することとし、中長期の視点から着実な成長につなげることができるよう、鋭意諸施策に取り組む。平成30年3月期 通期(平成29年4月~平成30年3月)の連結業績予想は、売上高718億2800万円(対前年比6.4%増)、営業利益83億7900万円(同8.4%増)、経常利益84億4000万円(同5.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益46億8800万円(同6.0%増)。うち、レストラン事業は、売上高387億200万円(同4.0%増)、営業利益47億5600万円(同11.3%増)、喫茶事業は、売上高331億2600万円(同9.3%増)、営業利益49億6900万円(同5.4%増)を見込む。

(外食.Biz)
2017年05月16日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ