HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

本格江戸前鮨「鮨たか」に話題の女性限定ランチメニューが登場
特別ランチメニュー『EBISU GARDEN PLATE「初夏の幸」』を期間限定で

 旭鮨総本店は、恵比寿ガーデンプレイス38階の「下高井戸旭鮨総本店 鮨たか」にて、旬を感じさせる食材を取り入れ、今の季節感を充分に楽しめる女性限定のランチメニュー『EBISU GARDEN PLATE(恵比寿ガーデンプレート)「初夏の幸」』(1,500円/税抜)を、5月15日~6月30日の期間限定で提供する。
 旭鮨総本店は、昭和2年の創業以来、より良い素材と味わい深さを追求し、最上のおもてなしを心がけ、特に、“板前が握る本格鮨”には90周年を迎えた今日でもこだわりを持ち続け、会社として厳格な「板前研修制度」を設けている。現在では、東京、千葉、埼玉、神奈川に30数店舗を展開している。
 「鮨たか」は、昨年10月のTOP of EBISUの全面リニューアルを機に、本格江戸前鮨をお手頃な価格で提供する店としてオープン。板前との会話を楽しむ空間を演出するゆったりとした9席のカウンター席と、テーブル席を用意し、接待からお一人さま、家族や仲間でも気軽に利用できる親しみやすいお店となっている。同店で提供する「EBISU GARDEN PLATE」は、TOP of YEBISUのコンセプトである“Grand&Casual~本物を気軽に愉しむ贅沢”と、同社が誇る厳選素材と熟練の技を持つ職人が仕込みから丁寧に仕上げる江戸前鮨をより広い層に体験してもらうために、特別ランチメニューとして提供している。
 今回提供する「初夏の幸」は、人気の中とろや煮上がり穴子のほか、いさき、赤えび、赤貝、真鯛、さざえなど本格的な夏の到来を前に旬を感じさせる食材を取り入れ、今の季節感を充分に楽しめる涼やかなプレートに仕上げた。

(外食.Biz)
2017年05月17日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

タブレット端末を活用した「oishino」,セイコーソリューションズ

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ