HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

Shake Shack、国内5号店は初の都外へ!今秋、横浜に登場
今春5号店と6号店をみなとみらい&六本木エリアにオープン

 サザビーリーグは、ニューヨーク発の新スタイルのハンバーガーレストラン「Shake Shack」の日本5号店をみなとみらいに、6号店を六本木に今秋オープンする。
 「外苑いちょう並木店」、「アトレ恵比寿店」、「東京国際フォーラム店」、「新宿サザンテラス店」に続く日本5号店は、初めて東京から外に出てみなとみらいエリアに登場する。国内最大級の人口を誇る横浜市は人々が住まい、働く場所でありながら、歴史ある風景やショッピング、エンターテイメント、アート、食など、多くの見所を兼ね備えた観光スポットでもある。そのランドマークのひとつ、ウォーターフロント都市みなとみらいに構える本店舗は、ベイエリアならではのゆったりとした時間が流れる居心地の良いハンバーガーレストランとして、様々なシーンに合わせて楽しんでもらうことができる。
 一方、日本6 号店はみなとみらいとは打って変わり、めくるめくスピードで最先端の情報が行き交う六本木エリアに登場。昼は国籍問わず多くのオフィスワーカーで賑わうグローバルなオフィス街としての顔。夜はナイトライフを楽しみたい大人たちの集まる繁華街、眠らない街としての顔。そんな2つの顔を持った六本木の店舗は、昼夜問わずテイクアウトで味わうスタイルがおすすめ。また、こだわりのハンバーガーやホットドッグ、フレンチフライなどとマッチするアルコールメニューを既存店のラインナップからさらに拡充する。
 同社では、地域に根差した店舗を目指すべく、新たに生まれる2 店舗も各エリアの性格を踏まえ趣の異なるレストランに仕上げ、それぞれ店舗限定メニューも用意する予定としている。

(外食.Biz)
2017年08月08日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ