HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

東京農業大学とサッポロホールディングスが包括連携協定を締結
関係拡大により更に学生への教育や共同研究を発展的に展開へ

 東京農業大学とサッポロホールディングスは、7月31日に包括連携協定を締結し、産学連携をより強固にすることに合意した。
 これまで、同大生物産業学部とサッポロビール北海道本社が2009年1月に包括連携協定を締結し、ビール原料の大麦やホップの生産・利用法や、学生の職業体験学習での協力などについて連携してきた。
 今回、両者の連携を学部から大学へ、サッポロビールからホールディングスへと、関係を拡大することで、これまで以上に学生への教育や共同研究を発展的に展開していく。
 なお、サッポロビールと東京農大の連携ビール「祝(いわい)」は、「北海道オホーツクで育てた原料100%のビールを作りたい」という同大学関係者の挑戦が結実した産学連携ビール。サッポロビールの技術支援を受け同大網走寒冷地農場で栽培されたホップと、網走産の二条大麦を使用。同社のグループ会社である札幌開拓使麦酒醸造所にて製造、同大ベンチャー企業の(株)東京農大バイオインダストリーにて2010年12月に販売が実現し、以来、毎年12月に限定販売している。

(外食.Biz)
2017年08月09日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ