HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

塚田農場、顧客に新たな価値を提供する「塚田農場公式アプリ」をリリース
名刺システムのデジタル化で「失くさない」「忘れない」名刺に!

 エー・ピーカンパニーが運営する「塚田農場」では、GMO TECHが提供するO2Oアプリ作成プラットフォーム「GMOアップカプセルPRO」を採用して、約1ヶ月の試験運用を経て、8月29日より塚田農場のオリジナルの名刺ポイントシステムをデジタル化し、失くさない忘れない、顧客に新たな価値を提供する「塚田農場公式アプリ」をリリースした。
 「塚田農場」では、2011年より紙の名刺の運用を開始し、これまでに累計約860万枚発行してきた。その中で、多くの来店者が再来店時に紙の名刺を忘れるという機会損失がおきていた。今回、アプリにて名刺ポイントシステムを移行することで、紙では不可能であった「失くさない」、「忘れない」という機会損失を防ぐことができるようになる。また、名刺システムをデジタル化することで「失くさない」「忘れない」名刺にするだけではなく、ビックデータを活用し、来店時に注目されたメニューやアプリの閲覧内容をデータ化し、収集した顧客の嗜好をビッグデータとして蓄積・分析することで、一人一人の好みや注文の傾向等により最適な商品や食材にまつわる情報発信を行う。

(外食.Biz)
2017年08月31日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ