HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

若竹、「大衆昭和居酒屋 川崎の夕焼け一番星 川崎酒場」をオープン
“地元の夕焼け一番星”がキャッチフレーズの昭和レトロ調の大衆居酒屋

 神奈川県内に14店舗、都内に1店舗の飲食店を展開する若竹は、9月19日に川崎モアーズ8階にて「大衆昭和居酒屋 川崎の夕焼け一番星 川崎酒場」をオープンする。なお、10月には4店舗目の「鶴見酒場」もオープン予定。
 同社では、“地元の夕焼け一番星”をキャッチフレーズに、夕方になったら一番に思い出してもらえ、週に何度でも気軽に通えるような、昭和レトロ調の大衆居酒屋「○○酒場」シリーズのチェーン展開を今年5月にスタート。「川崎酒場」は、新横浜、関内に次ぐ3店舗目で、川崎モアーズの8 階から、魅力たっぷりの“夜景が見える大衆酒場”。
 食べ放題の「おふくろのもつ煮」(480円)や、1本28 円の国産鶏を使用した「手羽中唐揚げ」など、おなじみの看板メニューが魅力。メニューは約100種を揃え、ほとんどが400 円代以下とリーズナブルで、席料やお通し代も不要となっている。
 ドリンクも、ビール、ハイボール、ホッピー、チューハイ、ワインなど種類豊富に取り揃える。レモン1個分のスライスレモンをたっぷり使用した生レモンサワー「レレレ・生レモンサワー」は、はちみつレモン、カルピスレモン、塩レモン、瀬戸内レモンなど、生レモンサワーだけで6種もラインナップ。本格焼酎は290円、地酒は380円とドリンクもリーズナブル。
 店内には、提灯を設え、“トラック野郎”などの昭和の雰囲気漂うポスターなども飾られている。BGM まで懐かしの昭和レトロ。掘りごたつ席もあり、気兼ねなく寛げるリーズナブルで安心な居酒屋。川崎の駅前立地で、昼の11時から乾杯できるので、“昼ビール派”にも嬉しいお店。
 なお、オープニングセール「太っ腹なビール祭り」として、9月19日~21日の3日間は、「ザ・プレミアム・モルツ」(280円)を半額の140円で、また、9月22日~9月24日の3 日間は、“赤星”の名称で親しまれている「サッポロラガービール」(大瓶490円)を半額の245円で提供する。
※金額は、「税抜き」価格

【大衆昭和居酒屋 川崎の夕焼け一番星 川崎酒場】
所在地:川崎市川崎区駅前本町7-7 川崎モアーズ8階
電話:044-200-8877
営業時間:11:00~23:00
定休日:年間2日(川崎モアーズに準ずる)
店舗規模:54.54 坪、102席(個室2卓12名、テーブル8卓42名、掘りごたつ座敷8卓48名)
想定客単価:1,800円前後

(外食.Biz)
2017年09月11日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ