HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

あみやき亭、上半期(H29年4月~9月)の連結業績を発表
事業別売上高は焼肉事業3.4%増、焼鳥事業0.2%減、その他12.3%増

 あみやき亭は、平成30年3月期 第2四半期(平成29年4月~9月)の連結業績を発表。売上高156億9000万円(対前年同期比3.8%増)、営業利益15億5500万円(同3.2%増)、経常利益16億500万円(同2.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益10億5300万円(同2.6%減)であった。
 同社グループは、「お客様に喜んでいただき、選んでいただく店舗作り」を目指し、「食肉の専門集団」の強みであるカット技術を活かして、価値観・満足感のある商品を提供するなど他社との差別化を図り、また、人手不足対策と接客・サービス力向上を目指し、パート・アルバイトの「多能工化」への一層の取組を行うなど既存店の強化に努めてきた。店舗数は、5店舗(焼肉事業3、その他事業2店舗)の新規出店を加えた結果、247店舗となった。
 セグメント別の売上高は、焼肉事業が119億8200万円(前年同期比3.4%増)、焼鳥事業が18億8900万円(同0.2%減)、スエヒロレストランシステムが経営するレストラン「スエヒロ館」、居酒屋「楽市」やアクトグループが運営する寿司業態やダイニング、イタリアンレストランなど、その他事業が18億2500万円(同12.3%増)であった。
 なお、平成30年3月期 通期(平成29年4月~平成30年3月)の連結業績予想は、売上高320億円(対前年比4.7%増)、営業利益32億1000万円(同9.2%増)、経常利益32億5000万円(同6.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益21億7000万円(同0.3%増)を見込む。

(外食.Biz)
2017年10月04日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ